最近、長女が数字を読めるようになってきた。
個数を数えるのは2つまでしかわからず、それ以上になると全部「3あるね~」と言うレベルなのだが、無意味に湯船とかで読み上げる分には10まで数えられる。
数字も、1、2、3、4は分かっているみたい。

そして、エレベーターに乗ると、数字のボタンを押すのは長女の係。


そんな長女とヨメの今日の会話。



長女「昨日、エレベーターいっぱい乗ったね~~」

ヨメ「そうだね~」

長女「3、押したね~~」

ヨメ「そうだね~」

長女「2も、押したね~~」

ヨメ「そうだね~~」

長女「母さんは、いつも、いーつーも、『チョウチョ』ね~~~?」

ヨメ「???????」





何のことか分からなかったヨメ、しばらく考えてピンと来た。








そう。







『閉じる』、の『 l>l
なるほどね~~~~。