最近、訪問マッサージの利用について相談を受けることが多くなっています。
マッサージの疼痛緩和効果やリラクゼーション効果については、実は科学的な根拠(なぜ気持ちいいのか?)はよく分かっていませんが、私自身も肩こりや腰痛で利用することがあり、身体の不思議の一つです。
患者さんの中でも、どうしようもない痛みに対して効果をあげることは実際にあるので、必要に応じてマッサージをお願いしています。

ところで、医療保険を利用して訪問マッサージをお願いする場合には、医師の同意書が必要となります。
しかし、マッサージで医療保険が使えるのは、筋肉麻痺と関節拘縮(例えば、脳出血などによる半身麻痺や、関節の運動制限がある場合など)と適応が定められており、例えば私のように単なる肩こりや腰痛、疲労回復目的などでは医療保険を使えるわけではありません。
そのため、適応外と考えられる方に関しては、当クリニックに同意書の作成を依頼されてもお断りすることがあります。

繰り返して申し上げますが、マッサージの効果を否定するつもりはなく、むしろ私自身がよくお世話になっている立場です。実は昨日も行ってきましたし(^_^;)
なぜ気持ちいいのか?というナゾについても、個人的に興味のあるところです。
訪問マッサージについても必要な方にはうまく利用していただければと思っていますが、同時に、そこにはルールが存在することも併せてご承知いただければ幸いです。