皆さん、めりくりです。

今年は、2歳の長女が生まれて初めて「クリスマス」というものを意識しだしたもんで、去年までとはちょっと違ったものに。

絵本でも、TVでも、私があまり好きではないベネ○セのしま○ろうの本も、クリスマスやサンタの話題でいっぱい。
はじめは「何のこと?」状態だった長女も、徐々にどんなもんか理解を深めてきたようだった。

とりあえず、長女のクリスマスについての理解は、
・ケーキ食える
・夜プレゼントがもらえる
・そのプレゼントはサンタというヤツが持ってくるらしい
・そのサンタというヤツをトナカイが連れてくるらしい
・そのトナカイって鹿に似てるが別物らしい
ってな感じで、2歳児としては十分に正解でしょ。

さて、事前準備が必要となった今年の父ちゃんサンタは、23日の祝日に家族とともにトイザ○スに行き、長女のリクエスト聞き出しを実施。
久々のおもちゃ屋に大興奮の長女から、アンパンマンのとあるおもちゃをサンタさんにお願いする、という結論を導き出した。
その後長女と私はおもちゃ屋をさらに徘徊し、サンタの助手であるヨメに別行動でおもちゃを購入させ、さらにクルマのトランクに運ばせる。
これで、トナカイのそりではないが、プレゼントは自宅に届く手はずに。
プレゼントは24日までトランクでそのままにしておいたら、長女にも見つからず安心だしね。

で、問題の24日。

この日がXデーだと知った長女は、とにかく朝から大興奮。
午前中に暴れすぎて力尽き、いつもより長い昼寝をしたのがそもそもの始まりだった・・・。

いつもは9時半には床につく長女が、この日は全く眠そうなそぶりをせず、ずっとままごとに興じている。

ヨメ「サンタさんは○○ちゃんのこと見てるよ~。
早く寝ないとサンタさん、プレゼント
持ってきてくれないよ~」

この言葉に長女、敏感に反応し、10時半、やっと床につく。
しかし、もともとあんまり眠たくない上、おそらく生後最大の期待感にふくらんだ夜、彼女の興奮はピークに。


2歳児が興奮のピークを迎えるとどうなるか・・・


はい、


ぐずるんです(^_^;)


それでも何とか寝付いたスキに、トランクからプレゼントを取り出し、1時、やっと長女の枕元に。
あ、ちゃんと次女にもプレゼントはあるんで、それも次女の枕元に。


ところが、ここからが地獄絵図。
2時くらいから、再び眠りが浅くなり熟睡できない長女。
寝なけりゃプレゼントがもらえないプレッシャーとの戦い、そして眠れない自分への苛立ち、これらがさらに事態を混迷させる。

ウトウトしてはむくっと起き、泣きじゃくる。

長女「サンタさん、来ない~~~~」
(注:私が眠れないからこのままじゃ
サンタさん来てくれない~~~~、の意)

そしてちょっとウトウト。
でも眠り付けず、しばらくするとまたむくっと起き、泣きじゃくる。

そんな繰り返しが30分間隔で延々。




気がつけば5時。・・・おい(^_^;)
起きるたび、彼女の目には枕元のプレゼントの包みが見えているように思うのだが、それは気にしているようなしていないような、で、よう分からん(^_^;)



私は今日、当直明けなみの睡眠不足で職場へ。
そしたらどうしたもんか突然の下痢に見舞われ、職場内への出入りを禁じられ、早退命令が出てしまった。
言われなければ自分から帰りたいと思うくらいの状態だったので、申し訳ないがありがたく休ませていただいた。

以来、ちょっと安定してきたので自宅でデスクワーク中。
今もトイレとPC前を行ったり来たり。



父ちゃんサンタがもらったプレゼント、それは睡眠不足とノロウイルスだった。

はあああ。