少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

また、ブログを長い間更新できず、申し訳ありません。



2016年6月8日のブログでも書いていたとおり、今月より大阪府でも、重度障害児者が訪問看護ステーションを利用する場合に医療費の助成が受けられることが決まりました。



この詳細については、

「重度障がい者訪問看護利用料助成制度を拡充します」

のページに記載がありますので、ぜひ皆さんご覧いただき、周りに対象となる方がいないかご確認をお願いいたします。



具体的には、対象者は、

・身体障がい者手帳1・2級所持者

・重度の知的障がい者

・中度の知的障がい者かつ身体障がい者手帳3~6級所持者

・訪問看護指示書において「装着・使用医療機器等」の項目に該当する4歳未満の者

※上記の要件を満たす後期高齢者も新たに対象として追加。



となっていますので、これまで小児慢性特定疾患や成人の難病などに当てはまらない方では1割負担であったところ、月上限2500円(ステーション1か所あたり1000円)までで利用できることになります。

これは大きな進歩ですが、所得制限があるなどまだ厳しいところもあり、やはり最終的には福祉医療費助成制度(乳幼児医療や重度障害児者医療など)での補助が実現することが理想です。

昨年の府議会の質問では引き続きの検討を求められており、ぜひ近い将来の実現を期待したいと思います。